アクセス

SKILLSネットワーク情報学部で
身につく力

急速に進歩する情報学、情報技術に関する知識を⼗分に使いこなして、様々な社会問題に対して解決方法を提案していくためには、確かな基礎と広い視野、そして自ら課題を発⾒し、チームで活動をしていく⼒を身につける必要があります。ネットワーク情報学部では、卒業までに以下の能⼒を身につけていきます。

ネットワーク情報学部で身につく力

  1. 情報学の専門知識

    情報とはどのようなものでどのような性質を持っているのかという原理、コンピュータやネットワークでの情報の扱いと処理の仕組み、⼈間がコンピュータとともに情報を扱う仕組み、情報学の社会での様々な応用まで幅広く学修し、それらの知識と関連を理解し説明できるようにします。

  2. 情報を扱うためのスキル

    コンピュータやネットワークを扱う情報技術に加え、論理的・数理的に正しく思考する⼒、諸現象を数量として扱い関係や意味を把握する⼒、情報を扱うときに守るべき情報倫理、情報を活用して新しい発想を生み出す創造的思考⼒を身につけ、様々な場⾯で総合的に活用できるようにします。

  3. 問題解決と説明・表現能⼒

    修得した情報学の知識とスキルを活用して、社会における様々な問題を発⾒・分析することに加え、コンピュータやネットワークを利用して適切な解決案を設計し、それを第三者にわかるような形で表現して説明できるようにします。

  4. チームで活動を進める能⼒

    問題解決に取り組む際に、様々な関係者とコミュニケーションを取りながら協働し、限られたリソース(メンバーの能力、与えられた時間など)の中で目標を達成できるように、チームで活動を推進できるようにします。

  5. 多様な視点と自己学習能⼒

    社会における問題を発⾒・解決する際に、⼈間・社会・自然・健康との関係、様々な文化・価値観などを考慮する多様な視点が必要です。それまで学んでいなかった情報技術を使うこともあります。そのときのために、常に関心を広げ、主体的に学び続けることができるようにします。