アクセス

PEOPLEネットワーク情報学部生

ネットワーク情報学部の卒業生、在学生からのメッセージを紹介します。

MESSAGES FROM ALUMNI卒業生からのメッセージ

株式会社クックパッド
久保坂 美咲(2016年卒)

私は現在デザイナーとして、毎⽇の料理を楽しみにするサービスに企画からデザインまで幅広く関わっています。この学部で、デザインとは「使う人の気持ちを常に考え形にすること」だと学べたことはとても⼤きな発⾒で、当時考えてもいなかったデザイナーという職業を目指すきっかけになりました。幅広い分野を経験することができる学部なので、興味を持ったら迷わず挑戦する精神を⼤切に、⼤学生活を目一杯楽しんでください。

株式会社⽇⽴社会情報サービス
松尾 勇汰(2016年卒)

私はシステムエンジニアとして、顧客への提案からシステムの設計・構築など幅広い業務に携わっています。この学部で学んだのは、相手のことを考えながらモノを作る「デザインの考え方」です。システムエンジニアも、ただシステムを作っているわけではなく、社会に、人々に、どのような価値を提供できるかを考えることが本質だと思っています。今の仕事にもデザインの考え方を活かせていると、⽇々感じます。この学部は技術スキルだけでなく、物事の考え方を教えてくれる学部です。ぜひ色々な考え方に触れてみてください。

セゾン⾃動⾞⽕災保険株式会社
八木 倫秀(2016年卒)

私は現在、経理の仕事をしています。学部でのカリキュラムを通じて、データ分析の基本的な考え方を身につけました。お⾦の管理には、会計知識だけでなく、表計算ソフトやデータベースソフトの取り扱いが必須です。PCでの実践的な活動を通して学んだ技術は社会人となった今でも活かされていると感じます。情報・通信だけでなく、多方面に興味関心を向ける事も選択肢の1つではないかと思います。能動的な姿勢で取り組めば、サポートいただける環境が整っているので、有意義な学生生活を楽しんでください。

MESSAGES FROM STUDENTS在学生からのメッセージ

  • 石原 花

    入学当初、パソコンをほぼ触ったことがなく、やりたいことも決まっていなかった私が、この学部での学びを通してコンテンツ制作のプロデュースに携わりたいという目標を見つけることができました。1年次に情報について基礎から教えてくれることや、先輩や卒業生の話を聞く機会がたくさんあり、やりたいことを見つけるきっかけがたくさんある学部です。

  • 阿部 駿平

    大学に行くと、様々な考え方や特技を持った人に会うことができます、ネットワーク情報学部では講義を通じて様々な人と関わることができます。中には講義以外の活動としてゲームを作っている人もいます。ゲームだけでなく、自分のやりたいことを実現することができる環境があるのが魅力の学部です。

  • 加賀 帆南

    この学部では2年次から専門的な学習をしますが、入学時に進みたい分野が決まっていなくても大丈夫です。1年次の幅広い基礎学習を通して、自分の興味や向いている分野が分かってきます。演習の中には、何かを作るだけでなく使ってもらうところまで取り組むなど、社会に出てからも役立つような貴重な経験ができる学部です。

  • 近藤 拓海

    私は2年生の演習で映像制作を学びました。内容は一眼レフカメラや、ビデオカメラを用いた撮影の仕方、映像の編集などです。私はここから多くの知識や技術だけでなく、たくさんの人とコミュニケーションするという経験も得ることができました。ネットワーク情報学部では専門的な知識と技術を学び、貴重な経験もできることが大きな特徴となっています。

  • 豊原 菜月

    ネットワーク情報学部は他の学部に比べ課題の量が多いが、他の学部と違い自分の出した課題を、講義中みんなで共有することが多いです。この共有により、他の学生との違いに気がついたり、新しい発見を毎回することができます。そこで学んだことを、次の課題や講義ですぐに活用することができるのでスキルの向上にとても役に立っています。

  • 鳥毛 聡太

    ネットワーク情報学部の学びの特徴は、グループワークが多いことです。同じ学部の人でも、違った視点を持った人と関わることができます。特に、3年次のプロジェクトではコミュニケーションが重要になります。自分とは違った視点を受け入れることが、この学部で学ぶ上で重要だと感じています。

  • 千葉 航太

    この学部には情報を数理的観点から捉えることが得意な人から、デザインの観点から考えることが得意な人まで、様々な考え方を持つ学生がいます。3年次の演習では自分とは違う考え方を持つ仲間と問題解決に取り組む貴重な体験ができます。様々な観点から物事を見ることができる環境でより自分を磨くことのできる学部です。

  • 前嶋 彩

    情報学部と聞くと、PCでプログラミングをする理系の学部だと思う人がいるかもしれません。しかし、実際はプログラミングだけではなく、デザインやマーケティング、映像など色々な視点から情報を学べる学部です。理系・文系関係なく、様々な個性をもった人が沢山います。将来の可能性が広がるこの学部で是非とも学んでみませんか?

  • 伊藤 翼

    ネットワーク情報学部の良いところは、先生や級友たちは暖かい人たちが多いので、困った時は色々なことを相談できることだと思います。課題やグループワークが多いけれど、仲間や先生に相談しながら取り組んでいくことで一つ一つこなしていけます。課題を解決する充実感が得られるとともにコミュニケーション力の向上を図れる良い環境だと思います。

  • 杉野 絢音

    ネットワーク情報学部の一番の特色は、「体験的に」学べることだと思います。多くの授業では、実際に手を動かしたり、グループワークを行ったりしながら、「体験」を通して知識を身につけることができます。体験することで、本当に自分がやりたいこと、好きなことは何なのか、自分のこれからに繋がる発見が、ここにきっとあります!

  • 大石 紘也

    未来の自分を想像したことがありますか? 夢や目標を持っている人はより具体的な目標を見つけ、持ってない人は探せばいい。そのサポートをしてくれるのがこの学部です。知識の蓄積だけでなく、グループワークによるディスカッションスキルの向上、多くのプレゼンテーションで培われる表現力、そのどれもが社会に出て必要なスキルだと思います。学生生活で何をするかがとても大切です。この学部で、未来の自分を創造しましょう。

  • 田島 美鈴

    ネットワーク情報学部に入ると、プログラミングが得意な人、デザインが好きな人、統計に強い人、ゲームを作りたい人など、様々なスキルを伸ばしている人と出会います。そんな友達と協力して助けあい、高めあうことで自分の在り方を見つけだすようになって、みんな入学当時と比べるとキラッキラ輝いているんです!自分の長所を爆発させたい人、オススメです!

  • 大野 隼翔

    この学部では、非常に多くの課題が出ます。課題を嫌いな学生は多いと思いますが、課題をしっかりやることで、授業への理解がより一層深まります。それだけではなく、課題の期限を把握し、計画的に進めることで、計画性や自己管理能力を身に付けることが出来ます。積極的に課題に取り組んで、必要な能力を身につけましょう!

  • 高橋 啓

    これからネットワーク情報学部を目指す君へ。苦手な科目は何ですか? この学部の入試は、他大学の情報系学部と異なり、多様な選択肢が用意されています。苦手な科目は早めに克服する。得意な科目で点を取る。当たり前ですが大切です。そして、基礎の基礎をしっかりと固めてください。この学部に入ったら努力する事が何よりも大切になるので、それも今から培っていってください!

EXHIBITIONコウサ展

学生がつくる学外展示会「コウサ展」

「コウサ展」とは、専修⼤学ネットワーク情報学部の学生が主催する学外展示会です。学生の活動や制作物を外部の方に発信し、多くの方々に触れてもらうことで、人と社会、情報との出会いの交差を生む場となっています。2005年より開催され、2014年で記念すべき10回目の開催を迎えました。学生の研究成果の展示だけでなく、来観者も参加できるワークショップやスタンプラリーなど、新たなコミュニケーションの場を設けて学外の方も楽しめる展示会となっています。

KOUSA 2017